2012年01月14日

WMハウス(WM HOUSE)

wmhouse1.jpg
WMハウス(WM HOUSE)
設計:不詳(Unknown)
竣工:不詳(Unknown)



とんがりコーン。

この突き出た鋭利な存在は各住戸のバルコニーであろう。

こんなにデザインを優先して利用者の立場になっていないバルコニーを久しぶりに見た(笑)
しかしながらおそらくここに住む人は、これをステータスと考えているに違いない。
そういう意味ではこれは利用者の立場になっていると言える。

デザインはしばし人にステータスを与える。
所有欲をかきたて、名声を得、そこにあるもの全てをワンランク上のものにしてくれる。

そのようなデザインを作るのは非常に困難だ。
主観がものを言う世界。
万人に受けるものはおそらく無い。

せめてその利用者にとってそういうデザインのものを提供できれば、提供者にとってはこれ以上ない幸せ。

そういう人になりたいと思い、久しぶりにブログアップ☆

皆さまからの情報もお待ちしておりますので、こんなのあるよ〜とか教えて頂けると嬉しいです。
有名建築よりはマニアックな方が好きですww
今年もどうぞ宜しくお願い致します。



posted by wataru at 16:10 | Comment(0) | デンマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

チイタンコレギエッツ(Tietgen hall of Residence)

tietgen.jpg
チイタンコレギエッツ(Tietgen hall of Residence)
2005年
設計:ボーエ・ルンゴー、ルネ・トランベア(Boje Lundgaard、Lene Tranberg)



奇抜とは言えないかもしれないが。
これもまた変わった建築。

これは360人が住める学生寮。

中心には中庭があり、住居は外周部に位置している。
学習室や台所等の共有部分は中庭に面して設けられている。
明確なゾーニングである。

円形の外周、つまりファサードは均質にせず敢えて不整合に見せている。
バランスのとれた形状との対比をする為だそうだ。

2006年にデンマークで「木賞」と呼ばれている賞を受賞している。

でも構造はRC造。

構造には関係ないようだ。

学生時代には一人暮らしをしていたが、寮は未経験だ。
寮という場所にはあまりいいイメージはないが、ここなら暮らしてみたい。

ふと思う。

そういう風に思えるデザインが、建築物の用途としての最大の幸せかもしれない。



posted by wataru at 22:43 | Comment(0) | デンマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。