2011年07月18日

アメイジング・ホエール・ジョー(Amazing Whale Jaw)

amazingwhalejaw1.jpg
アメイジング・ホエール・ジョー(Amazing Whale Jaw)
竣工:2003年
設計:ニオ・アーキテクツ(Nio Architects)



くじら。

これ一見良く分からないが、バス停である。
くじらを象ったこのデザインはブラジルの大建築家、ニーマイヤーにオマージュを捧げたデザインのようだ。

ニーマイヤーと言えば既に百歳を超えているが、現在もまだ建築家として活躍している。
次回は彼の新作を紹介しよう。

この建物、確かに変わってはいるが、RC造で塗装しただけと思ってませんか?

実は違うんです。

なんと、これ。
発砲スチロールとポリエステルで出来ているんです。

驚きですよね。

amazingwhalejaw2.jpg

予算が130万ドルしかないということで、ニオ・アーキテクツが提案したそうだが…。
やってのける関係者がすごいね。

日本にもこんなバス停があれば面白いのに。


posted by wataru at 23:39 | Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。