2011年05月23日

キジ・ポゴスト(Kizhi Pogost)

KizhiPogost1.jpg
キジ・ポゴスト(Kizhi Pogost)
竣工:1714年
設計:不詳(Unknown)



木造の教会。

正式名称は顕栄聖堂(プレオブラジェンスカヤ教会)。
タイトルのキジ・ポゴストとは木造教会建築群のことだ。
群というだけあり、この写真の顕栄聖堂以外に鐘楼、生神女庇護聖堂(ポクローフスカヤ教会)がある。

顕栄聖堂は22個の玉ねぎを…玉ねぎ型のドームがあり、最高高さは37m。

元々は16世紀にはすでに建立されていたようだが、落雷により焼失。
その後1714年に再建されたようだ。
詳しくはwikipediaにあります(笑)

ロシアには他にもこのような魅力的な木造建物がある。
少なからず影響をあたえているように思う。

日本は古来から木造建築が発達してきた社会。
だがここには日本とは似て非なる木造文化が存在する。

決して交わることはないが、元を糺せば同じ物というのがなんだか不思議だ。

その表面のアップ。
KizhiPogost2.jpg
鱗みたい(笑)

日本とは全く異なる木造文化。
ぜひこの目で見てみたい。


posted by wataru at 22:20 | Comment(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。