2011年04月20日

福建土楼(Fujian Tulou)

hakka.jpg
福建土楼(Fujian Tulou)
竣工:1100年〜2000年
設計:不詳(Unknown)



円形集合住宅。

別名、客家土楼。

この変わった形状もやはり奇抜な建築と言えるが、この集合住宅の一番の魅力はなんと言ってもコミュニティの形成だろう。
ここで暮らす人は客家(はっか)と呼ばれている。
客家には自治会のようなコミュニティがあり、会議を開いて様々なことが取り決められている。
その会議には小さな子供も連れて参加している。
その中で子供は知らず知らずの内にリーダーシップの取り方や、意見の通し方を学んで行く。
そうして大人になり、その力を発揮して歴史に名を残す人を輩出した。

孫文。
ケ小平。
李登輝。

全て客家出身だ。


そんなコミュニティを形成してるのも円形ならではの利点であろう。

内部はこんな感じ。
hakka1.jpg

中央に集権しやすい円という形状は、中央にコミュニティを形成しやすい。
おそらく会議室は中央の建物だろう。

この近辺にはこのような土楼が20,000棟程ある。
福建土楼と呼ばれるのはそのうち3,000棟程だそうだ。

詳しくはwikipediaで(笑)


posted by wataru at 23:07 | Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。