2011年06月28日

海と庭(Garden and Sea)

seaandgarden.jpg
海と庭(Garden and Sea)
竣工:2008年
設計:塩塚隆生アトリエ(Takao Shiotsuka Atelier)



あんまり奇抜ではないかもしれませんが。

真っ白な情景。

箱も庭も、全て白。

残念ながら写真は曇天だが晴天の時は何とも気持ちの良い景観になることだろう。

これは住宅ではなく別荘。
海を望むロケーションに立ち、2mある高低差を生かした設計となっており、一部半地下となっている。
海に開けた台形の平面形状をしており、別荘ならではの空間設計のようだ。
一部のガラスがスイッチ一つで透明、不透明の切り替えが可能となっている。
詳しくは先生のHPでwww

私が気に入ったのは景観でも空間でもなく、半地下。

いい響き、半地下。

目線が少しズレルのがいい。
普段目に出来ない景色を見ることができる。

植物の根元。
土の表面。

まるで小動物になったかのよう。

ぜひ半地下の部分を体験したいものだ。

ま、位置を間違うと女性の敵ですけどね(笑)


posted by wataru at 22:07 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

GTタワーイースト(GT Tower East)

gttower1.jpg
GTタワーイースト(GT Tower East)
竣工:2011年
設計:アーキテクテンコンソート(Architecte Consort)



ぐにゃぐにゃビル。

どこから見てもぐにゃぐにゃ。

設計したのはオランダに拠点を置く設計事務所。

スケッチを描くのは簡単そうだが、実施設計や施工は大変そうだ。
特に建具図なんて…。
でもやはり大変な分だけよりいいものが出来上がるものだ。

巷ではK-popが流行っているが、これからはK-architectureが流行るか?
なんだそりゃ。

細部を見てもぐにゃぐにゃ。
gttower2.jpg

今回はぐにゃぐにゃでしたwww


posted by wataru at 22:59 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

アランデールハウス(Allandale House)

allandalehouse1.png
アランデールハウス(Allandale House)
竣工:2010年
設計:ウィリアム・オブライエン・ジュニア(William O'Brien Jr.)



とんがりコーン。

これ、皆さんは何を感じますか。

僕は見た瞬間思ったことがあります。

壁と屋根の境界線。

壁とは。
屋根とは。
建築とは。

そんな問答があるのではないかと思えた。


しばしば人は定義を求めたがる。

建築も例外ではなく、現在も建築家が様々な問いに様々な解答を表現している。
壁の定義、屋根の定義、その境界線。

感性は人それぞれにあり、感じ方、考え方、センサバンベツだ。
答えは一つではない。
一生解けない方程式には自由な発想で解答例を導き出してもいいのだ。

そんな解答例の一つのように思えた。

中はこのようになっている。
allandalehouse2.png
ウェグナーのスリーレッグドシェルチェアが光ってますな〜


posted by wataru at 22:46 | Comment(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。